スイカの収穫時期の見分け方!食べごろで収穫して美味しく食べる!

育てているスイカを収穫して美味しく食べたい!と思っている人もいますよね。スイカを食べごろの時期に収穫するには、どんなところを見れば収穫時期がわかるのでしょうか。
熟した美味しいスイカを収穫する時の目安は?美味しいスイカを見分ける方法はある?

そこで今回は、食ごろのスイカを見分けて収穫する時のポイントと美味しいスカイの見分け方についてお伝えします!

スイカは食べごろに収穫する!美味しいスイカの見分け方

夏といえばスイカですよね。
スイカは比較的栽培が簡単なので、チャレンジする方も多いことでしょう。

スイカの栽培でもっとも難しいのは収穫だと言われます。

スイカは追熟しないと言われます。
そのため、スイカは食べごろの果実を収穫しなくてはいけないのですが、その見極めが難しいのです。

スイカは一般的に小玉スイカの方が食べごろの時期が早く、大玉スイカで7~8月頃とされています。

美味しいスイカを見分ける時に「叩いたときの音」で判断するという方法を耳にしたことがあると思います。
熟している果実はボンボンと響くような音がすると言われますが、これは素人では判断が難しいです。

果実だけで判断するなら、ツルの色や状態、縞模様の具合などを重視した方が良いでしょう。

スイカの収穫は「巻きひげが枯れている」ことを目安としている人が多いです。

食べごろのスイカを見分けて収穫しよう!

食べごろスイカを収穫したいなら、まずは「巻きひげ」に注目しましょう。

ここで判断する人はとても多く、初心者でも収穫時期を知るための良いポイントとなります。

果実の近くには巻きひげが生えています。
このひげが付け根まで枯れて固くなり、濃い褐色に慣れば収穫のタイミングです。

また、果実のついた周りの葉にも注目しましょう。
周りの葉がだんだんと枯れて来たら果実も熟している可能性が高いです。
特に果実をつなぐツルが枯れていたら、役目が終わったサインですから、果実は熟しているでしょう。

他にも果実を見て判断する方法があります。
スイカのそこには薄茶色のヘソのようなものがあります。
スイカが熟すとこのヘソが大きくなると言われますから、普段から観察するようにしましょう。

食べごろスイカの見分け方で最も有名なのは「音」によるものです。
果実を叩いた時に高い音ならまだ未熟で、ボンボンと響くような音なら熟しているというものです。
最も食べごろはポンポンと澄んだ音とも言われます。

収穫時期に突然始めても判断が難しいので、未熟なときから叩いてどんな音か確認しておくのが良いでしょう。
数をこなすことで判断出来るようになります。

収穫・購入したスイカの食べごろはその時!なるべく早く食べよう

スイカは一般的に追熟しないと言われます。
そのため、収穫する時には食べ頃の果実を収穫します。

スイカを収穫した場合には、劣化しやすいため早めに食べるようにしましょう。

店頭に並ぶスイカも同様で、食べ頃の果実が収穫されれ出荷されています。
そのため、購入したらなるべく早く食べるのがおすすめです。

スイカは痛みやすい為、カットされたものを購入した場合には、冷蔵庫にいれて早めに食べましょう。
スイカの食べごろ温度は8~10℃です。
それ以下になると甘みがどんどん減ってしまいますから注意しましょう。

丸ままスイカの場合でも劣化しやすいことは同じですから、早めに食べるのが良いです。

スイカの保存方法には冷凍保存もあります。
ただし、水分が多いため解凍してそのまま食べるのは不向きです。

スムージーやシャーベットなどに使う場合には、冷凍するのも良いでしょう。
取り出したらすぐに使えるように、皮や種は取り除き、使いやすいサイズにきるか、袋などに入れて潰して平たく伸ばして冷凍するのがおすすめです。

スイカの収穫時期は積算温度を目安にすることができる

スイカの収穫時期は食べごろを見計らって行います。
そのため、スイカ栽培では収穫時期の判断が一番難しいと言われます。

スイカの外側は皮で覆われていますから、中を見ることが出来ません。
成熟具合が見えない果実の収穫時期を見極めるのは、至難の業なのです。

一般的には、スイカの収穫時期は受粉してからの日数や積算温度を目安にします。
人工授粉の日付を札などに記入して、ツルにくくっておくと便利です。

品種や生育環境によっておこなりますが、大玉スイカの場合には受粉から45~50日程度、積算温度でおよそ1000℃を目安にすると良いでしょう。
小玉スイカの場合には大玉スイカより少し早く収穫できます。
受粉から35~40日程度、積算温度はおよそ850℃を目安にします。

最も確実に食べ頃スイカを見分けたいなら、試し割りをしましょう。

スイカの美味しい食べ方は?

スイカは食べ頃で収穫されます。
そのため、早めに食べるようにしましょう。

スイカは切ってそのまま食べるのが一般的です。
塩を振ると甘みが増すともいますよね。

変わった食べ方では、ポン酢をつける方法があります。
かなり意外ですが、合いますよ。
また、ポン酢の代わりに青じそドレッシングなどでも美味しいです。

スイカはシャキシャキと下歯ごたえが魅力的ですから、お肉などと一緒にポン酢やドレッシングでえ和えると、サラダ感覚で食べることができます。

普通の食べ方に飽きてしまった方には、ぜひ試してほしい食べ方です。

なんとなく、しょっぱいものと合わせるのは抵抗があるという方には、シュースなどに加工すると良いでしょう。

皮と種を取り除いたスイカを、チャック付きの袋に入れて空気を抜き閉じます。
手で揉んで崩すと、即席ジュースの出来上がりです。

小さなお子さんでも楽しんで作ることが出来るので、おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です